風が吹けば桶屋が儲かる

風が吹く→土埃で盲人が増える→盲人は三味線で生計をたてるため猫皮が必要→猫が減る→ネズミが増える→ネズミが桶をかじる→桶屋が儲かる

といったように、一見全く関係ないと思われることが物事に影響を及ぼすことの例えです。

ちょっと文書管理に例えてみました。
文書の所在を明らかにする→探す時間や一から文書を作成する時間が節約できる→残業が減り使える時間も増える→時間を付加価値の高い業務に費やせる→会社の業績が伸びる→給料が上がる

いかがでしょう。
・・・残念ながら昔の人の例程うまくはありませんが、お客様にとってよい「風」となれるよう心掛けていきます。

 

アーカイブ

最近の記事

PAGE TOP